20代で家を建てる


先日、青木村村松の家の外部足場が外され、外観が姿を現しました。
基本プランは和の家ですが、現在一般的に使用される素材を使用し、懐古的な民家を造るのではなく現代の和の家を目指しています。
とてもカワイイ建物になりそうです。今年8月に竣工予定で今から完成が楽しみな建物です。

この建物のクライアントさま 実は20代のご夫婦です。
「20代で家を建てるなんてすごい!」「思い切ったね」
等々の言葉が聴こえて来そうですが・・・少し考えてみると賢明な決断なのではないかと思っています。

現在、会社などで働いている場合、定年退職は60歳です。高齢化が進み皆が65歳までは働くようになるかも知れません。
職場にもよりますが退職金なども期待出来ないこともあるでしょうし、年金もこの先どうなるか判りません。

そんな解らない未来を少し悲観的かも知れませんが現実的な予想をしてみると
家を建てるのは少し無理してでも早くても良いのではないか?と今回思いました。

住宅ローンは一般的に30年や35年です。30歳までに住宅ローンを組まなければ、60歳、65歳までに完済は
出来ないですね。(繰り上げ返済をしない前提ですが・・・)
銀行は金利も安く現在借り手市場です。毎月の家賃程度の返済で自分の財産になるのです。

無理をして豪邸を建てる必要は無いと思います。自分の身の丈に合った、長く愛せる家を若いうちに建てるのも
賢い選択なのではないかと若いクライアントさまに教えて頂いた次第です。

2018 Atta一級建築士事務所アトリエta 5周年

さてさて2018が始まって半月程が過ぎようとしています。
遅くなりましたがあけましておめでとうございます。

今年アトリエtaは開業5周年の節目の年になります。
皆さまのお陰で順調に仕事のご依頼も増えて来ています。
昨年末には『上田原のクリニック』において上田市都市景観賞を受賞することも出来ました。

私の中で社会人になって以降、不思議と5年のサイクルで新しいチャレンジをして来ました。
今またそんな新たなフェーズへの願望が湧いて来ています。

とはいえ具体的なプランがあるわけでも無く、ただただ今年からなにか変えてみようかな。
もっと世の中のお役に立ちたいなと漠然と考えている次第であります。
とにかくアトリエtaもっと頑張るということです。乞うご期待!
本年もよろしくお願いいたします。

Atta一級建築士事務所アトリエta 俵周次郎

平成29年度上田市都市景観賞受賞

このたび上田市上田原の『あおぞらクリニック』が上田市都市景観賞を受賞することになりました。

当時開業して2年そこそこのほぼ実績の無い私の事務所を信頼して頂き設計をさせて頂きました
あおぞらクリニック院長 尾﨑先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

また施工を請け負って下さった 上田建装社さん をはじめ工事に携わって頂いたすべての方に感謝です。
その他地主さん、不動産屋さん、会計事務所さん、医療機器関係者さん等々沢山の方々がクリニックの開業に一丸となって取り組むことが出来ました。私もその中の一人として今回の受賞を嬉しく思っています。

今後とも地域医療の最前線にいる『あおぞらクリニック』をどうぞよろしくお願いいたします。

表彰式は12月16日(土) 13:15~ サントミューゼ小ホールにて行われました。

上田市役所ホームページ

『現場見学会』

2014.01.13

長野市よりYさんファミリーが5人で現場見学に来て下さいました。

現場は現在構造がむき出しの状態です。きれいな仕上げも素敵なキッチンもありません。

しかし構造は完成後にはほとんど見えなくなってしまう部分です。頑丈にできているか、きちんと整った仕事がされているか

を見るには、工事中のこの時期に見学されることは、とても意義があると思います。

熱心に施工者と設計者の話に耳を傾けられていて嬉しく思いました。また住宅造りに情熱が感じられ、意識も高いことに

こちらも刺激を受けました。

見学会

AttaHouse見学会は引き続き、現場見学会を開催しようと思います。

ご希望の方は送信フォームよりご連絡下さい。日程の調整を行ってご案内いたします。

構造を見ることができるのは2月上旬までです。お早目にどうぞ。

アトリエta 俵

 

建築士講習会にて考える

松本市のキッセイ文化ホールで行われた「開設者・管理建築士のための建築士事務所の管理研修会」に出席した。

一級建築士定期講習、管理建築士講習に続き、今年3回目の講習である。

目的は「最新の技術や法制度に対してのて継続的な知識習得」と捉える。

それを踏まえて自分にできることを模索し続けることが重要と考えた。

今回の研修会で目に留まった文言を書き留めてみる。

・建築設計におけるイノベーション

「常に陳腐化した内容、創造性の無くなった内容は体系的に切り捨てて行く必要がある。」

設計の仕事をしていると、どうしても過去の実績、成功体験を踏襲してしまいがちになる面があるしニーズとしても

それを求められる傾向にある。しかしそれを続けていると進歩は無く新しいものは生まれないと当たり前のことを再認識した。

・社会のニーズとしての景観まちづくり

「多くの国民がスローライフやエコライフといった生活スタイルを志向するようになってきている。」

大量生産、大量消費、スクラップアンドビルドのいわゆる建築バブル的な考えは確かに減少している傾向はあると思うが、

スローライフを志向する人が多数派になっているとは思えない。働き盛りの正社員など対極の生活を送っていると容易に想像できる。

地球的環境問題を憂慮してエコライフを目指す人は増えているとは思うが、やはり本気でできる人は少ないように思う。

ニーズとして捉えるには現在の働き盛りの会社員に当てはめるには無理があり、セカンドライフ送る方等一部の限定なライフスタイルのような気がする。

行き過ぎた資本主義経済による疲弊から脱却するにはスローライフ、エコライフを推奨はしたいが、現在の主流の仕事環境を思い切って変えない限り現実にはならないように思う。ヨーロッパのような働き方、例えばオランダのようなワークシェアリング等が普通にできるようになれば、もっと多様なライフスタイルを選べると思うが果たしてどうなのだろうか。

D1000366.JPG   D1000368.JPG

一級建築士事務所アトリエta 俵