2世帯住宅のつくりかた

先日中野市にて2世帯住宅の地鎮祭に参加して来ました。親世帯と子世帯が完全に分かれた大きな住宅です。

これまで2世帯住宅の設計を多くさせて頂いています。
その中で私が一番気にしながら設計をしていることがあります。
それは親世帯と子世帯の距離感です。

親子は「スープの冷めない距離」に住むのが良いと昔がら言われています。つまり別居近住です。
長野県の車社会でいえば2km~10km程度でしょうか。お互いが干渉し過ぎない距離ということでしょう。

しかし2世帯住宅といえばそうはいきません。すぐ横にいるのでいつでもアツアツのままスープをもって行けます。
(持ってきてもらえます)
いくら仲の良い親子(嫁姑問題等も含む)でもケンカをすることはありますし、お互いの過干渉は争いの元と考えます。
それで距離感なのです。

2世帯住宅といっても色々なパターンがあります。
距離感が取り易い順番に列記すると

⓵完全分棟型(同じ敷地内に2件建てます又は既存母屋の敷地に子世帯を別棟で建てます)
⓶1棟分棟型(屋根は繋がっていますが玄関も2建分作ります。
       この場合、中庭やウッドデッキ、バルコニー等で一緒に過ごせる空間をつくるととても良い関係性           を保ちつつ、豊かな空間が生まれます)
⓷1棟分離型(屋根は繋がり、玄関廊下等は共用しますがLDK、個室はそれぞれで儲けます。
       この場合は玄関廊下の取りかたに注意し、共用スペースが作れると良いと思います。
⓸1棟共有型(ほぼ一般の住宅と同じで、玄関、LDK、水廻りを共有し個室のみ必要数用意します)
       この場合は距離感を確保するのは難しく、なるべく個室同士の距離を離して
      プライバシーを確保します。

大ざっぱに4種類に分けましたがどれかを複合した場合も考えられます。
敷地や予算の問題がありますので理想的な⓵完全分離型は難しいかも知れません。
ただし「距離感」と「共有スペース」のキーワードは大事にした方が良いのではないかと考えています。

 

20代で家を建てる


先日、青木村村松の家の外部足場が外され、外観が姿を現しました。
基本プランは和の家ですが、現在一般的に使用される素材を使用し、懐古的な民家を造るのではなく現代の和の家を目指しています。
とてもカワイイ建物になりそうです。今年8月に竣工予定で今から完成が楽しみな建物です。

この建物のクライアントさま 実は20代のご夫婦です。
「20代で家を建てるなんてすごい!」「思い切ったね」
等々の言葉が聴こえて来そうですが・・・少し考えてみると賢明な決断なのではないかと思っています。

現在、会社などで働いている場合、定年退職は60歳です。高齢化が進み皆が65歳までは働くようになるかも知れません。
職場にもよりますが退職金なども期待出来ないこともあるでしょうし、年金もこの先どうなるか判りません。

そんな解らない未来を少し悲観的かも知れませんが現実的な予想をしてみると
家を建てるのは少し無理してでも早くても良いのではないか?と今回思いました。

住宅ローンは一般的に30年や35年です。30歳までに住宅ローンを組まなければ、60歳、65歳までに完済は
出来ないですね。(繰り上げ返済をしない前提ですが・・・)
銀行は金利も安く現在借り手市場です。毎月の家賃程度の返済で自分の財産になるのです。

無理をして豪邸を建てる必要は無いと思います。自分の身の丈に合った、長く愛せる家を若いうちに建てるのも
賢い選択なのではないかと若いクライアントさまに教えて頂いた次第です。