上田市農林漁業体験実習館(室賀温泉ささらの湯)/北河原温

ささら外観

上田市出身で東京芸術大学教授である北河原温氏の設計による温泉、直売所、蕎麦屋、等のある複合施設です。

周囲を山に囲まれたのどかな田園風景の中の広大な敷地の中に、はぼ平屋建の大きな建物です。

建物は大きなものですが、威圧感を感じられません。それは平屋建でボリュームを抑えてあることと、複雑な

屋根形状によって周囲の山と同化したように見える為だと思います。

ささら入口

温泉に行くときは遠回りになりますが、南側の入り口から入るのがお勧めです。

エントランスで料金を払い靴を脱ぐと大広間が見えます。

大広間

エントランスホールから階段を上ると温泉までの長いアプローチがあり、ギャラリーがあります。

ささらギャラリー ギャラリーコーナー

ところどころに三角形のテラスが内部に食い込みギャラリースペースに変化を与えています。

ギャラリー壁

傾いた壁や天井にただ者で無い建物であることが感じられます。

さらに進むと

廊下コーナー

温泉旅館のように情緒のある廊下が続きます。

ササラ中から

窓からは石積みと木の塀が見えますがこれが露天風呂の囲いです。

残念ながら温泉内部の写真は撮れませんでしたが、「岩風呂」と「檜風呂」の2種類あり、

毎月男女で入れ替わるそうです。檜風呂に入りましたが清潔でかつとても落ち着く温泉です。

北河原温氏にとっては大人しいというか本意でなかったかもしれない木をふんだんに使用したどこか懐かしい空間です。

しかしここまで風土に溶け込む建築はなかなか見られないと思います。特に切妻でも寄棟でもない屋根形状は北河原氏ならでは

のものになっています。そしてとにかく温泉が良い。上田にこんな良い温泉があることを誇りに思います。

詳しくはこちらをどうぞ。http://www.city.ueda.nagano.jp/hp/sys/20091103000001237.html

北河原温氏の作品は長野県ではこの建物のほかに

・稲荷山養護学校(長野市)

・信濃デッサン館槐多館(上田市)

等があります。興味のある方はどうぞ。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です